ウーマン

加齢臭を指摘されたなら改善方法を知ろう!

条件は強い洗浄力ではない

ウーマン

頭皮を熟知して選ぶコツ

加齢臭対策のシャンプーを選ぶときに、洗浄力の強さを条件にあげる人が多いですが、本当に必要なのは不要なものを落とし必要なものを足すという条件です。頭皮も肌と同じ皮膚なので、洗浄力を強くしていくと、本来は必要な存在である皮脂が失われ、その結果として潤いまで失われてしまいます。肌荒れと同じように頭皮コンディションが低下して、過剰な皮脂分泌を起こすと考えられています。さらに加齢臭が強くなる可能性が指摘されることからシャンプーの選び方はキーポイントになるでしょう。そこで、皮膚を守るための皮脂は適度に残し汚れをすっきり落としながら、潤いを守るシャンプーを選ぶことが重要です。加齢臭の原因は、汗や皮脂が過剰に出ることにより、肌に付着する雑菌の繁殖力が強くなってしまうことです。そのため、頭皮環境の改善によって、加齢臭を抑えることができます。また、加齢臭に悩んでいる人の中には、頭皮がデリケートになりシャンプーの刺激を感じるという声もあるので、天然由来成分やオーガニック成分が配合されているタイプを選ぶのも良いでしょう。香りを足すことで加齢臭対策にしようとすると、臭いが混ざって効果が出にくいと言われるので、先に頭皮の悪循環を断ち切るケアが必要です。頭皮を触ってオイリーだと感じても、その内側が乾燥することで皮脂分泌方になっている可能性があります。スキンケアのような感覚で頭皮ケアができるシャンプーなら、加齢臭を軽減することに役立ちます。